読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役パティシエと学ぶ、お菓子の歴史

ヨーロッパを中心にお菓子の誕生から現在まで、その背景も一緒に学んでいきましょう。

「アントナン・カレーム」  ①

 

お菓子に少し詳しい人なら、この名前を聞いたことがあるかもしれません。

製菓学校を卒業している人は更にでしょう。

 

 

本名は「マリー=アントワーヌ・カレーム」

 

いや、本当は捨てられた子が、自らこの名前を名乗ったというので、本当のホントは分かりません。

 

 

 

彼をひとことで表すとすれば、お菓子の世界のレオナルド・ダヴィンチ。

天才的な発明家、画家であり建築家であり、執筆者でもありました。

 

彼については語りつくすことが難しいと思うので、時間をかけて少しずつ勉強していきたいと思います。

また、これは私のひとつの夢なのですが、彼の書いた原書を、いつかフランス語で読んでみたいです・・・・

 

 

まず、彼が発明したもの、お菓子の絞り器や、料理人がかぶる山高帽。

小さなパーツを組み立てた大きな細工菓子のピエス・モンテ。

果ては、前菜からメインまで順番に給仕する、フランス料理の様式を確立したのも彼と言われてます。

 

 

詳しくは、また次回・・・・!

 

 

 

いつもの材料をお得に購入(cotta)